乳がんとわかって大きく悩んだことの1つが、




再建方法について。




これが本当に悩ましかった……!


ステージ0ではあったのですが、
ガンができた部位の関係で、
部分摘出ではなく全摘出の手術だったのですが、




再建手法って、
いっぱいあるのねーーー?!
再建は、以前は自己負担でしたが、今は保険適用になっています。




私の理解の範囲でめちゃくちゃ簡単に説明すると、



インプラント
シリコンを入れる。
胸以外の傷はないけど、メンテナンスなどで再手術が必要。

広背筋皮弁
背中の筋肉を持ってくる。
メンテナンスは必要ないけど、正常な筋肉を切る必要がある。

腹直筋皮弁
お腹の脂肪を持ってくる。
メンテナンスは必要ないけど、お腹に大きな傷が残る。

脂肪注入
脂肪を吸引して、胸に注入する。
傷はとても小さいが、できるケース、できないケースがある。
高額で自己負担。

※各項目、めちゃくちゃ端折ってます。それ以外のメリット・デメリットあるし、その他の手法もあるので、気になる方は別途調べて頂きますようお願いします!



散々悩み、ネットであれこれ検索しまくりました。
しかも、比較的短期間の間に決断しなくてはならず…。
(再建手法を決めないと手術の日程を確定できなかった)

もう、頭から煙出るかと思うほど悩みました……。



結局、正常な筋肉にメスを入れることに抵抗があったのと、
インプラントの入れ替えが10~15年後に必要なのですが、
その頃には、新しく良い手法ができているかもしれない…!
という淡~い希望を持って、
インプラントを入れることにしました。
それでも、今でも「他の手法でもよかったかも」と
思うこともあります。



乳がんになってみて思ったのは、



短期間で、
まぁまぁ大きな決断を
しなくてはいけない!



ということ。

あれこれ調べる中で、
再建された胸や術創部の写真を
upしてくださっている方がいて、
ものすごーーーーーっく!!!参考になりました。

このブログでも写真をupするか、
でも、もとは乳がんのブログって訳じゃないから、
術創部の写真なんて決して美しい写真ではないので、
明るいブログだと思って訪問して下さった方には
いきなりグロ画像で申し訳ないし、
とても悩ましい……。
ただ、術創は思ったよりもグロくなかったです。嬉しい。

いずれにせよ、今はまだ、インプラントに入れ替える前の、
エキスパンダーというものを入れた仮の状態なので、
upするにしても、入れ替えた後かな、と思います。