たくさんの登録、ありがとうございます!
LINE登録して頂くと、ブログの更新情報をお送りできます。
登録して頂けると嬉しいです!



先日セリアで購入した、お好み焼き用のヘラ。
 →理想のお好み焼き用ヘラを発見ーーーー!!&ポチレポ

いつも仲良くして頂いているsumikoさんから、レシピを教えて、と、
嬉しいリクエストを頂いたので、書いてみようと思います!

……が。
お好み焼きは、関西出身のオット担当なのですが、
いつもはキチンと計量スプーンを使う派のオットも、
お好み焼きだけは珍しく目分量です。
なので、かなーーーーり適当なレシピです、すみません!
皆様の想像力を駆使して、頂けると助かります!
もはやレシピと言っていいのか、かなり謎……。


<材料> お好み焼き4枚分

●具
 もやし   1袋
 キャベツ  半玉
 ねぎ   半本
 豚肉   200g
 天かす   適量
 いかの姿焼き(※1)   1~2枚


●タネ
 お好み焼き粉(※2)  100g
 水       300cc
 だし(※3)   1袋


※1
姿焼きの写真撮るの忘れたーーー!!

↑こんなの。
うちの近くのスーパーでは、おつまみコーナーにありました。


※2
今回は、たまたま山芋があったので、
お好み焼き粉ではなく、小麦粉+山芋を使いました。
山芋を使うと、山芋の分、生地の分量が増えるので、
小麦粉と水をやや減らします。うん、適当にね。


※3
わが家は、あごふりだしを愛用しているので、
1袋、ビリっと破って投入しています。
なければ、鰹節粉を使えばいいよ、とのことです。

これ。もう何度リピートしたかわからない。
超!オススメです。
味の素を使っていたわが家、
これで味噌汁を作って感動しました。
それ以来、なくなると無条件にリピート中。




<作り方>

1.キャベツは太めの千切りに、ネギは小口切りに、
豚肉は食べやすい大きさに切る。


DSC08029
豚肉は切り忘れてますが、こんな感じ。
キャベツは適当で大丈夫。


2.いかの姿焼きを砕いて、天かすと混ぜておく。


3.タネの材料を混ぜる。
※山芋を使う場合、山芋はすりおろす。


4.ホットプレートを180℃(適当)に熱し、タネを焼く。
このとき、結構しっかり焼く方がいいらしい。


DSC08038
こんな感じのサイズ。



5.タネの上に野菜とあげ玉を乗せる。
つなぎとしてタネを少し掛ける。
最後に肉も乗せる。


DSC08044
キャベツはテンコ盛り。


DSC08054
天かす(いかの姿焼き入り)も入れる。


DSC08050
続いてもやし、ネギもトッピング。

DSC08058
つなぎとしてタネをちょっと掛けて、


DSC08060
最後に肉も乗せる。
野菜に対して肉少なっ!て気がしますが、ダイジョブ。


6.ひっくり返す!
ここで、セリアのお好み焼き用ヘラの出番です!!


DSC08040
これね!!


DSC08062
オット、この時点で、
「うっひょーーー!ヘラが超いい!!」と狂喜。


DSC08063
鮮やかに裏返し!
はみ出た野菜は中に入るよう整える。

ここで注意!

このときに、押さえつけない!


7.フタをして、しばらく蒸す。

押さえつけず、ふんわりさせておくことで、
中は野菜の水蒸気で蒸されるため、
いい感じに野菜がしんなりします。


8.そろそろかなー、と思ったらフタを開け、 ←適当すぎ
スペースを空けて卵を落とす。黄身は軽く潰す。


DSC08075
目玉のつぶれた目玉焼き。


9.つぶれ目玉焼きの上に、本体を乗せる。


DSC08076
オット 「いいわー、これ、めっちゃいいわー」


1~2分待ったら、出来上がり!

DSC08078
美味しそー♡
いや、実際に、野菜たっぷりで美味しい。



ヘラを使う工程に入ると、オットが、
「これいいわー、めっちゃいいわー!」と、
妙なテンションになっていました。

妻としても、喜んで作ってくれるなら万々歳、
色も真っ黒、形もシンプルで洗いやすい、
お好み焼きなら偏食長男も喜んで食べる、と、
喜ばしいことばかり。

わが家の週末の定番メニューです。
よかったら、一度作ってみてくださーーーい!


レシピと言えば……
そろそろ、コレ?!











にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
最後までお付き合いただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。
応援に、画像をクリックして頂けると嬉しいです!



c0365584_23220231.jpg
Instagram もやっています☆
ただ、なかなか更新できなくてすみません……。